ダンス芸術によって、何ができるのか。

日々生きることに目を向けざるえない身体、路上生活者の身体表現新人Hソケリッサ!の活動。

また“踊りは誰でもできる”をうたい、誰もがそれぞれの今ある身体を肯定することを第一としたワークショップ活動。

この2つのアプローチにより「生きるからだ」の探求を行い、自他を肯定する身体の日常化へ繋がることをアオキカクは目指しています。

更新情報

路上生活の身体から生まれるダンス、ソケリッサ!東京路上パフォーマンスツアー 〜路上にて生まれる景色と未来の行方〜 こんにちは、新人Hソケリッサ!です。 私たちは路上生活者及び路上生活経験者で構成されたダンスグループで、... more
3/17(金)~19(日)「踊りに行くぜⅡ」vol.7出演、新人Hソケリッサ!新作「日々荒野。」を上演させて頂きます。どうぞお越し下さい。 今回ソケリッサ!の会場は東池袋中央公園で、ここは特定非営利活動法人 TENOHASI主催の炊き出しを行う会場でもあり、勧誘等で何度か足を運んでいる空間です。... more
2017/3/17(金) から 2017/3/19(日) 東京
豊島区立舞台芸術交流センター「あうるすぽっと」1-3月スケジュール冊子のトピックスインタビューでソケリッサ!座談会を掲載いただいています。 ウェブでもご覧いただけます... more
パルシステム発行の月刊誌『のんびる』1月号に、先日のソケリッサ!団地ダンスの記事掲載中です。 セカンドリーグWEB
top
社会福祉法人 鉄道身障者福祉協会発行の雑誌「リハビリテーション」12月号ずいそうへ、 先日のブラジル、リオでの活動に関しての文章を寄稿させて頂きました。
top
リオデジャネイロからの帰国報告会あわせ、近年の活動報告を我々を囲む方とともに ざっくばらんなトークなどの集いを予定しています。お時間ある方はどうぞお越し下さい!
2016/12/11(日) 東京