「新人Hソケリッサ!」10周年企画、東京路上パフォーマンスツアー制作スタッフ募集

路上生活の身体から生まれるダンス、ソケリッサ!東京路上パフォーマンスツアー 〜路上にて生まれる景色と未来の行方〜

こんにちは、新人Hソケリッサ!です。 私たちは路上生活者及び路上生活経験者で構成されたダンスグループで、2007年からビッグイシュー基金の協力を得て振付家アオキ裕キと共にダンス芸術の社会提供を行っています。 2007年より自主公演を開始、反貧困イベント出演などを経て、大野一雄フェスティバルに参加、十和市現代美術館、金沢21世紀美術館でのパフォーマンス、弾き語りの寺尾紗穂さん帯同の全国13ヶ所ツアー、リオ五輪公式企画「with one voice」に参加し、リオの貧困生活者へ向けたワークショップ、コニカミノルタソーシャルデザインアワード2016グランプリ受賞等、多様な側面を持った芸術活動として展開を行っています。

おかげさまで今年は活動10周年という大きな節目となりました。

そこで今回、その記念企画として、年間(2017年6月~2018年7月予定)を通し東京路上パフォーマンスツアーを行いたいと考えています。この度JCDN主催「踊りに行くぜⅡ」(2017年3月17日(金)~19日(日)開催)による東池袋中央公園での公演出演を皮切りとし、東京近郊の公園や路上など、場所を変え主に屋外においてダンスパフォーマンスツアーを行います。一般の方、芸術に触れる機会の無い方々、貧困生活者の方へ向け、投げ銭形式で開催、場所ごとに音響、照明などの一定クオリティを持った会場作りを行い、ミュージシャンや芸術家など様々な方とテーマを持ってコラボレーションをしながら展開。最終は報告会を開催しそこで出会い生まれるものを私やメンバー含めたくさんの方と問うことができればと考えています。

運営においても、様々な専門職の方、興味を持った一般の方で実行委員会を立ち上げ進めます。外部協力においても個人、団体、多種多様な協力体制を作ることも目標としており、この企画の持ち合わす多角的視野を最大限に示したいと願っています。

また運営資金は助成金と共にクラウドファンディングを利用し、企画初期段階から社会への計画告知により、実行側、受動側と単に二極化したものではなく活動に触れる誰もが参加意識の獲得できるものを目指したいと考えています。

制作経験のある方、活動に興味を持っている方、皆様のご参加をお待ちしております。

【仕事内容】
​ ・パフォーマンス実施のためのコーディネート業務
(路上・公園等での上演交渉、協働団体との調整、当日の会場運営等)
※業務量・活動日数はスケジュールにあわせて調整いたします。

【謝礼】
これまでのご経験及びお願いする業務量に応じてお支払いさせていただきます。

【応募方法】
こちらのウェブフォーム、または、お名前・連絡先・これまでの活動歴をまとめ、aokikaku☆me.com(☆を@に変更してください)までメールでお送りください。 折り返しご連絡いたします。

【募集人数】
2~3名

【企画開催期間】
2017年6月~2018年7月末